• ホーム
  • 包茎の人が抱える感染症へのリスク

包茎の人が抱える感染症へのリスク

ウィルス

包茎の人はそうでない人に比べて、感染症へのリスクが高くなる傾向にあります。
これは包茎の人が抱える衛生面での問題が関係していて、この問題は包茎の症状が改善されない限りは対処していくことができません。

そもそも、包茎の人の場合、包皮部分が男性器を広く覆っているため、特殊な密閉空間がそこに出来上がることになります。
勃起すれば多少状態が改善される人も中にはいますが、勃起自体が困難なほど包茎の症状が深刻化しているケースも十分に考えられます。

こうした人の場合、包茎によって出来る密閉空間がより大きくなっていくことになります。
この密閉空間はある程度の湿度、温度が保たれているため、結果的に雑菌の繁殖が促されることになります。
自身にそのつもりはなくても知らず知らずのうちに雑菌が繁殖し、患部で様々な症状を引き起こす事になるわけです。

包茎はただ単に衛生面でのトラブルが頻発するだけでなく、重大な感染症のリスクを高めることになります。
では、具体的にどんな感染症を引き起こすことになるのでしょうか。
まず挙げられるのが、包茎によって普段は隠れている部分に起こる亀頭包皮炎です。
亀頭包皮炎が起こると、患部が赤くただれる、かゆみや痛みなどの症状が発生していきます。
放置するとさらに炎症が拡大していくため、早期の治療が大切になっていきます。

そして、このほかにも尿路感染症などのリスクも高くなっていきます。
尿路感染症は包茎部分で増殖した雑菌が尿管にまで届くことで引き起こされていきます。
尿管からさらに体内に雑菌が入り込むと感染症がさらに拡大していくことになるため、注意が必要です。

尿路感染症の場合でも、亀頭包皮炎と同じように排尿時の痛みやかゆみなどわかりやすい症状があらわれることになります。
包茎の人はそうでない人に比べて感染症のリスクが高い、だからこそこうした症状にも敏感になっておくべきです。
ちょっとの変化でも早期に気づくことで症状悪化を防ぐことが出来ます。

包茎だと菌が増殖して悪臭の原因にもなる

包茎の場合、先に挙げたように包皮によって密閉空間が作られることになります。
この空間に雑菌が増殖することによって感染症は引き起こされていきますが、そうなる前でも不快な症状はあらわれていきます。

具体的に、雑菌が密閉空間で増殖すると悪臭などのトラブルを引き起こしていきます。
人によってはお風呂で手入れをしていてもすぐに悪臭の症状が引き起こされてしまうという人もいるほどです。
本来であれば包皮部分の皮をはいでその中身を綺麗にしていきたいのですが、包茎の人であればそれが出来ません。
患部を洗おうにも、素人ではその対処すらできないというわけです。

もちろん、包茎だからと言って全員がこうした症状を引き起こすというわけではありません。
一口に包茎と言ってもその程度は人それぞれですし、重度のケースもあればそうでないケースも考えられるわけです。

ただ、包茎であれば患部でかいた汗、ほこりや皮脂などの汚れがすべてそこにたまっていくことになります。
こうした点で、包茎でない人に比べると悪臭のリスクも高まっていくことになるため、注意が必要になっていきます。

性器の臭いが気になる、具体的にかゆみや違和感などの症状があらわれてきているという場合には早急に対処していくことが大切です。
できるだけこまめにお風呂に入るようにして臭いの元を洗い流していく事、それが出来ないのであれば必要に応じて包茎手術を受けるのも一つの手となってきます。

手術となれば、プラスでお金が必要になってきますし、仕事やプライベートにも支障をきたすことがあります。
その為、人によっては不向きとなることもありますが、1回の手術で包茎による感染症を防ぐことができるというのであれば決して悪い話ばかりというわけでもありません。