• ホーム
  • 体温や免疫力を上げると感染症の感染率を防げる

体温や免疫力を上げると感染症の感染率を防げる

カプセルと葉

風邪をひきやすくなった、すぐに体調を崩してしまう、冬場になると毎年インフルエンザやノロウイルスなどの感染症を発症してしまうなどの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。
それは体温や免疫力の低下が原因となっている可能性があります。
体温や免疫力が低下すると菌やウイルスに弱い体になってしまい様々な病気の感染率を高めてしまいます。

冬場は乾燥しているのでウイルスの感染率が格段に高まりインフルエンザやノロウイルスの感染症が大流行します。
インフルエンザにはワクチンがありますがノロウイルスにはワクチンはありません。
特効薬もありませんので発症したら下痢や吐き気や嘔吐や腹痛などの辛い症状に見舞われてしまいます。
冬場の感染症対策のためにも日頃から健康的で規則正しい生活を送って体温や免疫力を高めておくことがとても重要になります。
健康的で規則正しい生活とは、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、入浴で体を温める、良質な睡眠、規則正しい生活リズム、疲労回復、ストレス解消などがそれにあたります。

食生活においては、肉や魚介類や大豆製品や卵や乳製品や海藻類や野菜や果物などの食品を満遍なく種類豊富に食事メニューに取り入れて、ビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく摂取する事が大切です。
また、こまめな水分補給で代謝をアップさせる、体温を上げるために根菜類やニンニクやネギやショウガなどを積極的に食べる、腸内環境の乱れを整えるために乳酸菌を摂取するなどを心がけましょう。
ビタミンやミネラルは疲労やストレスや喫煙などで消費されやすい栄養素ですので、サプリなどでこまめに摂取して補給するのが有効です。

生活習慣においては、ウォーキングや筋トレやストレッチなど気軽にできる運動を習慣づける、入浴で体を芯から温めて体温を上げる、しっかりと睡眠をとって自律神経の乱れを整える、疲れやストレスはため込まないなどを心がけましょう。
生活習慣を改善させて体温や免疫力を上げて感染症の感染率を下げましょう。

笑うことでも体の免疫力が上がります!

免疫力を上げる方法は健康的で規則正しい生活を送ることだけではありません。
笑いも体温の上昇や免疫力アップに大きく役立てることができます。
その理由は、笑うことでNK細胞が活性化するからです。

NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略でリンパ球の一種です。
自然免疫の主要因子として働くものです。
笑うことで免疫をコントロールする機能を持つ間脳に興奮が伝わります。
間脳に興奮が伝わると情報伝達物質である神経ペプチドを活発に作り出します。
笑いによって作られた良質な神経ペプチドは血液やリンパ液を循環して体全体に流れていきNK細胞の表面に付着します。
それがNK細胞の活性化につながるというメカニズムです。

笑うことは免疫力を上げるだけではなく様々な健康効果があります。

  • 記憶力アップなど脳の働きが活性化される
  • 血行が促進されて巡りの良い体質に導くことができる
  • 副交感神経が優位になり自律神経の乱れを整えることができる
  • 笑いが増えると交感神経と副交感神経の切り替わりが頻繁になり自律神経が乱れにくくなる
  • 笑うことの体温や血圧や心拍数が上がり消費カロリーが増えてダイエット効果が得られる
  • 笑うことで腹筋や表情筋が鍛えられる
  • 脳内ホルモンのエンドルフィンが分泌されて幸福感に満たされる
  • プラス思考になり明るく前向きになれる

子どもの頃はよく笑っていたけど大人になるにつれて笑うことが少なくなったなと感じている人は多いのではないでしょうか。
笑うことが体温上昇や免疫力アップ、ひいては健康な体づくりに大きく役立ちますので日常生活においてたくさん笑うことを意識しましょう。
バラエティ番組や漫才やコントや落語を鑑賞する、おもしろいネタを探す、ユーモアのセンスを磨く、人とたくさん会話するなどを意識してたくさん笑いましょう。