• ホーム
  • バルトレックスはヘルペスに有効な治療薬

バルトレックスはヘルペスに有効な治療薬

悲しい女性

口の周りや性器にできている水ぶくれのようなブツブツが気になって病院に行くと、バルトレックスと呼ばれる薬が処方されることが多いです。
これは、医師がその患者にヘルペスウイルスの感染症の症状が出ていると判断したことを意味しています。
バルトレックスはその有効性から、今日ではヘルペスウイルスに感染した場合に最初に選ばれる薬の一つとなっていますが、その効果は有効成分であるバラシクロビルによってもたらされています。

ヘルペスウイルスには複数の種類があります。
バラシクロビルはそのうち、口唇ヘルペスの発症に関与する1型単純ヘルペスウイルス、性器ヘルペス発症の原因となっている2型単純ヘルペスウイルス、水痘帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える効果があります。
単純ヘルペスウイルスは、DNAの周囲を細胞膜で覆うという単純な構造をしており、宿主細胞内に侵入すると、DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きでウイルスが複製され、細胞の外に飛びだして新たな宿主細胞を探します。
したがって、ウイルスの増殖を抑えるにはDNAポリメラーゼの働きを妨げることが有効で、その作用を持つ物質として開発されたのがバラシクロビルになります。

実は、バラシクロビルはそのままでは効果があらわれることはほとんどありません。
この物質は、肝臓でエステラーゼと呼ばれる酵素のはたらきによって、バリンとアシクロビルに加水分解されてから薬効があらわれるようになります。
この加水分解の過程が必要な理由は、アシクロビルの生体利用率が非常に低いためで、必須アミノ酸であるバリンを化学構造に取り込み、小腸にあるペプチドトランスポーターから認識されやすくすることによって吸収効率を高めています。

バルトレックスは、ヘルペスウイルス感染症の症状が出てから概ね5日以内に服用をはじめると高い効果を発揮します。
唇やその周り、性器にブツブツとしたものを見つけたら、すぐに内科がある病院に行って医師の診察を受けましょう。

性器ヘルペス・口唇ヘルペス治療の服用方法

バルトレックスは、単純疱疹、水痘、帯状疱疹のうちのどの症状を治療するのかや、服用の目的によって飲み方が変わるのが大きな特徴です。
病院で処方された場合は医師や薬剤師の指示をきちんと聞き、通販サイトから購入した場合は添付文書の記載内容をよく読み、飲み方を間違えないようにしましょう。

性器ヘルペスについては、治療を目的に服用する場合は1日2回、決められたタイミングで1回につき1錠服用し、再発を抑制するために服用する場合は1日1回、1錠ずつ服用します。
ただし、HIV感染者が性器ヘルペスの再発抑制のために用いる場合は、治療目的で用いるときと同じく、1日2回、1錠ずつ服用します。
1日に2回服用する場合は、医師や薬剤師からは朝食後と夕食後に服用するよう指導を受けることが多いので、通販サイトから購入した人もそれにならって服用すると良いです。

一方、口唇ヘルペスの服用方法は、治療が目的の場合は性器ヘルペスとまったく同じ用法と用量で良いですが、予防については造血幹細胞を移植したときに限り効果があります。
造血幹細胞の移植に伴う単純疱疹の発症を予防する場合は、造血幹細胞の移植を行う日の7日前から、実施から35日後までの間の6週間、1日2回服用します。

上記の服用方法は患者が成人である場合のものですが、小児も体重が40kg以上であればまったく同じように服用することができます。
体重が40kg未満の小児には、錠剤ではなく顆粒が処方され、小児の体重に合わせて量を調節し、そのまま飲み込ませるか、ゼリー状のオブラートかヨーグルトと一緒に服用させます。

人気記事一覧